かつて日本のサッカー競技はアマチュア主体のリーグである日本サッカーリーグ(JSL)であった。

しかしなかなか人気出ず、当時の日本サッカー協会は状況を打破しようと、1982年以降、リーグ主導の試合開催から各チームが試合を主催する自主運営に移行した。

ところがこれもうまくいかなかった。

一方、水面下でサッカーのプロ化構想が進んでおり、FIFAからアジア初となるW杯の日本開催を打診されたことで、協会もプロリーグ設立を決定した。