1993年5月15日(土)はJリーグの開幕戦が行われた歴史的な日である。

日本サッカー協会は、Jリーグの成功はこの開幕戦にかかっていると認識しており、あらゆる手段を使ってこの開幕戦を満席にさせ、マスコミにも注目させようとしていた。

開幕戦のカードは、当時人気や実力が抜きん出ていた読売サッカークラブを母体とする読売ヴェルディと日産自動車サッカー部を母体とする横浜マリノスが選ばれた。

そしてこの試合はヴェルディ主催試合だったが、ホームの等々力陸上競技場ではなく、日本サッカーの象徴となる場所として、国立競技場が選ばれた。

この試合にはペレや、デット・クラマー氏などを招いて行われた。